博多もんが教える購入のコツ

仲介手数料にまつわる2つのサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
brokerage fee

不動産を購入する時に、売主から直接購入する場合や、注文住宅を建築する場合は必要ないですが、住宅用地や中古住宅、中古マンションなど、不動産を購入する時は仲介会社を介して購入します。
その時に、必要なのが「仲介手数料」です。

仲介手数料とは?

家を購入する時に、不動産業者を介して購入する場合に支払う手数料のことを仲介手数料と言います。
土地やマイホームを購入する場合、概ね300万円以上の取引が多く、『物件価格の3.24%』(速算式=物件価格×3%+6万円+し消費税)と定めらています。
マイホームを購入する場合、仲介手数料がいくらになるのか、価格帯別に下記の表にまとめてみました。

物件価格
(非課税)
仲介手数料
(税込)
2,000万円  ⇒  712,800円
2,500万円  ⇒ 874,800円
3,000万円  ⇒ 1,036,800円
4,000万円  ⇒ 1,360,800円
5,000万円  ⇒  1,684,800円

不動産会社の利益はこの仲介手数料なのですが、購入者にとっては安いものではないですね。
この仲介手数料を0円か半額になるサービスがあると知ったらどうですか?

当社では、これらの高額な仲介手数料のサービスがありますのでご紹介します。
※ただし、一部の物件は仲介手数料無料が適用できない場合もございます。また購入にかかる諸経費は別途必要です。

仲介手数料0円サービス

「どうして仲介手数料が0円にできるの?」「なんか怪しくない?」
そんな質問の声が聞こえてきそうですが、実はこれには不動産業界ならではのカラクリがあります。

なぜ、仲介手数料を0円にできるのか??
それでは、その秘密をお話させていただきます。

上図のように、元来不動産業界では、売主様からは販売委託として、買主様からは物件購入の成功報酬として受領できる仕組みになっています。

そこで、当社は売主様から直接販売委託を受けられる新築一戸建てに限り、売主様からいただく販売委託手数料のみを利益とし、買主様からいただく仲介手数料を無料にして還元しております。マイホーム購入後の家具や家電製品の購入資金に回していただければ幸いです。

仲介手数料半額サービス

続いては、仲介手数料を半額にできるサービスをご紹介します。
不動産会社の利益は、仲介手数料しかありません。仲介手数料は、単なる「利益」ではなく、販売活動の人件費、書類作成経費、契約後のフォロー等が含まれています。

よほど、後ろめたい気持ちがない限り、どの会社も仲介手数料を値引くことはありませんが、当社の場合は下記の場合に仲介手数料を半額にしております。

  • 購入者自身が購入物件を決めていて、購入申込手続きから引き渡しまでの取引の場合
  • 購入物件が知人(親族、友人、隣人等)で、書類手続きから引渡し業務代行の場合

これは、当社側の物件探しと現地案内の必要業務が省けるためです。
上記のようなケースになりましたら、是非、ご利用ください。

まとめ

購入者の多くは、仲介手数料が安くなるだけで不動産会社を選ぶこととは思いません。
安心して、信頼して任せられる会社から不動産を購入する方がほとんどです。
近年、建売住宅に多いのですが、物件までご自身で足を運んで、現地販売会をしている不動産会社さんに内見させてもらい、一番購入諸経費を安く済ませらえる仲介会社に業務依頼をする方が増えています。

福岡でマイホームを購入する方の多くは、人との出会いを大切にして、物件の良さは勿論ですが、この人(営業マン)が良かったから買いましたという方ばかりですが、少しでも購入諸経費を出来るだけ抑えたいという方がおられましたら、是非、ご利用ください。

参考リンク:仲介手数料0円サービスで購入したお客様の声

▶早良区で新築一戸建てを購入した平井様

▶糸島市で新築一戸建てを購入した伊東様

コメントを残す

*