塩ラーメンでカルボナーラ

博多っ子と言えば、「豚骨ラーメン」か「うどん」ですよね。
しかし、たまにはとんこつ以外のラーメンも食べたくなりません?
そんな時は、醤油ラーメンか塩ラーメンを思い描くのですが、最近は塩ラーメンでカルボナーラ風に仕上げることにハマっています。

これが、家族にとても好評だったので紹介してみようかと思います。
気になる方は、作ってみてください。

カルボナーラーメンの作り方

ネットで検索すると、色々な調理方法があるのにびっくりしました。
用意するものはこちらです。

  • 鶏肉
  • 玉ねぎ
  • バター
  • とき卵
  • サッポロ一番塩ラーメン

ちなみに、麺は別の鍋でゆがき、湯切りしてお皿に盛っておきます。
湯がくのが早すぎると冷めてしまうので、タイミングが重要です。

1.具を準備

材料は鶏肉と玉ねぎ

▲私の場合、具材は「鶏肉」「玉ねぎ」だけです。
この具材をフライパンで炒め、牛乳を入れて「あん」を作ります。

2.バターで具材を炒める

フライパンにバター

▲まず、フライパンで鶏肉と玉ねぎをバターで炒めます。
バターの良い香りがたち、温まってきたら具材を投入。

プライパンに具材を投入

▲こんがりと焼き色をつけて、牛乳(150~180cc)を入れます。
いつも牛乳の量であんの命運が左右されます。。

3.牛乳を入れ、沸かせたら薬味ととき卵を入れる

フライパンに牛乳投入

▲中火で沸騰するのを待ち、ラーメンの薬味ととき卵を投入。
このタイミングで麺が出来上がっていたらベスト!
牛乳が沸くあいだに麺を湯切りしてお皿に移します。

沸かしすぎ牛乳

▲ここまでなると、沸かし過ぎ。
3回に1回はやっちまいます(笑)。
ここまでなると、スープさがなくなるんです。。

4.カルボナーラーメン完成

カルボナーラーメン完成

▲あんを麺の上にかけ、袋に入っているゴマをふりかけ、粉チーズとブラックペッパーをまぶしたら完成。
塩ラーメンの薬味がいい味を出してくれるんです。
普通の塩ラーメンとして食べるより、お腹もふくれますし、いつもと違う食べ方をしたいときにおすすめです♪
我が家はもっぱらこの食べ方になってしまいましたが(笑)。

※最近は、韓国の辛ラーメンでもやってみたら、辛党の妻は辛ラーメンにハマりました(笑)